未分類

いよいよ!

ども! 開発部の「う」です。

みなさん、いよいよですね!
え? 何がって・・・・
そりゃー、いよいよといえばあれしかないでしょ!
そう。数十年に一度(?)の天体ショー! 皆既日食ですよ!
7月22日に、日本では46年ぶりに皆既日食が観測できるんですって!
この機会を逃すと、次に日本で観測できるのは2035年なんだって・・・
となれば、ぜひ見なければなりません!

しかし、太陽を直接見るのは絶対にダメなんだって。失明してしまうかもしれないんだよ。

で、「う」は、身近な材料で皆既日食を観測する道具を作ることにしました!
材料は・・・
・牛乳パック 切り開いてあるのでOK!
・黒い画用紙 100円ショップなどでも売ってます
・黒いビニールテープ
・のりや両面テープ
・押しピン
これだけあればできちゃいます。

できあがりがこれ!

完成

 これを太陽に向けると、スクリーンに太陽が映ります。
右の写真は映った太陽を拡大したところ。
今日(7月18日)は、まん丸な太陽です。 
太陽が映ってる! 拡大したところ 太陽の形が見えるので、皆既日食の様子もバッチリ見える!(はず・・・・) 

え、作り方を教えろって?
では、以下を参考に!

上下を切る! ①まず、牛乳パックの三角のところと底を切り取ります。

底から7cm! ②写真のように、底から7cmのところまで切り取ります。
(1つの面だけですよ!)

見えやすいように内側を黒く! ③内側に黒画用紙を貼り付けます。

黒テープ使用は余分な光が入らないようにするためだ! ④黒いビニールテープを貼って、四角い筒状にします。

ピンホールカメラと同じ原理だ! ⑤黒画用紙を9cm×9cmに切って、真ん中に押しピンで穴をあけ、それを牛乳パックの筒の上部にビニールテープを使って取り付けます。

ココで底を使います! ⑥最初に切り取った底の部分にも黒画用紙を貼ります。

ココがスクリーンになるのだ! ⑦その底の部分を、②で切り取った筒のところに斜めにピニールテープで取り付ればできあがり。
④であけた穴を太陽に向けると、この斜めの部分がスクリーンになり、太陽が映ります。
これは、ピンホールカメラの仕組みを利用した装置なんですね!

もしこの「皆既日食観測機 モーモー牛乳パックバージョン」を作った方は、観測レポートをコメントでくださいね。
穴の大きさを変えてみたり、穴の数を増やしてみたりすると違った観測も楽しめるかも!

よし、これで準備OK! あとは皆既日食の日を待つだけ!
さて、22日の福岡の天気予報は、どうなっtるかな・・・・
くもりときどき雨! ガビーン(T_T)
皆既日食は見られるでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。