未分類

トイレの神様

まいど、開発のジョドーです。

私は社内で1番遠くから車で通勤しています。
通勤中には地元FM局を聞いていることが多く、ニュースやスポーツ、ホークス情報を仕入れています。

先週、通勤中に流れてきたのが「トイレの神様」という曲でした。
最初は何気なく聞いていたのですが、その歌詞に共感し、いたく感動しました。
運転中だったのですが、涙があふれていました。
おばあちゃんとの関係を歌った歌なのですが、自分も共感する部分が多く、反省させられることが多い歌です。
家族との関係に置きかえて聞く事も出来ると思いますが、自分はおばあちゃんっ子だったので・・・、特にきました。
後でPVも視聴したのですが、ラジオから流れてきたときの方が大きな衝撃を受けました。
詞の世界がダイレクトに入ってきたからだと思います。

自分も開発なので、この歌のように感動を与えあられるものを開発していきたいと思うと同時に、家族に対してたまにキツイ口調等になっている事を反省して、大切にしていかなければ・・・、と思うのでした。

話は変わりますが、また歌の話です。
昨日(3/18)は、子供の小学校の卒業式に出席してきました。
卒業生達は、新しいステージに踏み出すという希望に満ちあふれた顔をしていて、希望と感動にあふれた良い式だったと思います。
ここまで指導して頂いた先生方に感謝です。

その卒業式で校歌も当然歌われるのですが、この校歌は自分も歌っており、私のオヤジ、祖母も歌っている校歌なのです。
私が通った小学校は、今年で恐らく創立135年になる学校なので・・・。
自分が通った小学校に自分の子供が通い、卒業し、自分の子供と一緒に昔と変わらない校歌を歌う事ができて、ちょっぴり感動したりしました。
親子4代にわたって、同じ校歌を歌えている現在の状態にも感謝です。

何だか、この1週間は色々と感動させらることが多い週だったな~。
これも、春だからでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。