未分類

九州最古のパイプオルガン解体

まいど、開発部のフヂです。

私の母校の西南学院にある西南学院バプテスト教会に、九州最古といわれるパイプオルガンがあるのですが、教会の改築を前に来月(8月)に解体されるそうです。

100歳ちかいオルガンで傷みも進んでいて、いったん解体すると元通りにはならないことがわかり、改築後は木製パイプなどを再利用しながら新しいオルガンを作るとのこと。今の音色が聴けるのは最後になります。

7/23、24に「オルガン感謝の集い」が催されるようなので、私も学生時代&結婚式でお世話になった懐かしい音色を聴き納めして来ようと思っています。また、通常の日曜礼拝でもパイプオルガンが演奏されていますが、8/14が最終だそうです。興味のある方、もちろん、どちらもクリスチャンでなくても参加できますよ。私もクリスチャンではないです…(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。