開発よもやま話

[開発よもやま話] 工作心をくすぐる商品

 今年は創業35周年です。そこで、というわけではないのですが、エレキットの古い商品「おしゃべりBOX」をつくりました。スイッチオンで「ありがとうございました!」と声が出ます。結構元気のいい女性の声です。
osya_1.jpg     osya_2.jpg
商品が入っているケースを少し加工して、組み立てた基板とスピーカを取り付けることができる手軽さもあってか、例えば店員さんが趣味でつくって設置したり、イベントなどで使われたりして結構人気があった商品です。
osya_3.jpg osya_4.jpg
音声合成ICとアンプICを利用した簡単な回路ですが、結構いい音で発声します。当時は「ありがとうございました」以外にも「いらっしゃいませ」「がんばってください」などの言葉があらかじめ録音されている音声合成ICが、大手メーカーに準備されていました。
osya_5.jpg

最近では、あらかじめ「言葉」が録音してあるICは減ってしまい、殆ど見かけません。自分で声を録音、再生するタイプのものが主流です。自分で録音できるし、いつでも変更できるので、便利なのですが、このようにあらかじめ録音してあるタイプを使ってみると、なかなかいい感じです。どこか意外なところに使ってみんなを驚かせたいなあ、などと想像が広がります。
何でも録音できる、いつでも書き換えできるといった高機能のものより、今回の「ありがとう」としか喋らないように、機能が分かりやすく限定されたモノのほうが、工作心をくすぐるのかもしれませんね。このおしゃべりBOXは、35年前の工作少年達の心を、きっと刺激したと思います。

今のエレキットの製品はみんなの工作心をくすぐっているかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。