開発よもやま話

[開発よもやま話] ひそかな楽しみ

 まいど、開発部のジョドーです。
今回は、私が開発にたずさわった商品でやっちゃった「ひそかな楽しみ」についてお話しましょう。「ひそかな楽しみ」って言うくらいですから、あまり公になってません。社内の工作教室に参加してくれたお友達や、私が講師をした工作教室に参加された事がある方だけにはお話しした内容です。

その「ひそかな楽しみ」を実行した商品は、「P!MOT」と「Let’sピアノ」です。元々「P!MOT」の前には「WAOⅢ」という商品があり、「Let’sピアノ」の前にも別のピアノが存在していました。「WAOⅢ」のホイルは真ん丸な円盤みたいだし、昔のピアノスピーカを取り付けるところの穴もただ丸い穴が規則正しく並んでいるだけで、なんとなくつまんないな~と感じていました。

そこで思いついたのが、画像の様な形です。「P!MOT」のホイルと「Let’sピアノ」のスピーカを取り付けるところの画像ですね。

Image1.jpg  Image3.jpg
【P!MOTのホイル】

Image2.jpg
【Let’sピアノのスピーカを取り付けるところ】

なんだか同じような形をしているのがわかると思いますが、コレが何かわかりますか?カンの鋭い人はピンと来てるかもしれませんね。
実は、これらの形は「梅の花」をモチーフにしているのです。「何で梅の花?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、少しだけ説明すると、我々ELEKITは福岡県の太宰府市に会社があります。学問の神様で有名な太宰府天満宮は梅が有名ですし、福岡県の県花は「梅」なんですよ。だから、「福岡の太宰府にある会社なんだぞっ!」ってことを密やかにアピールしようと思って画像の様な形にしてみたんですよ。
購入された方で気が付いてた方っているのかな~。ELEKITの社員でさえ、工作教室なんかで私が説明しているのを聞いて「そうだったんだ~!!」って言うくらいですからね~。説明されないとわからないですよね。

でも、「ちょっと目立たないけど、密かに主張しているんだぞ」という感じにしたくて、説明書とかでもあえて触れないようにしました。ほんとに誰も気が付かないかもしれないですが(笑)、それでも何か楽しいと思いませんか?これが私の「ひそかな楽しみ」でした。

「こんなアイデアがあるよ」とか、「こんな事したおもしろいんじゃない?」みたいなアイデアがあれば、どしどしお寄せください。採用できるかどうかのお約束はできませんが、もしかすると採用されたりして・・・(笑)。
商品の中にそんなところを見つけるときっと嬉しくなるでしょうね。そうなると「ELEKITと、特定のお客様だけのひそかな楽しみ」になって「ムフフ」って感じで楽しそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。