未分類

トルネーダで工作教室

 開発部のフヂです。 2008年9月27日(土)に、月例のイーケイジャパン社屋でのエレキット工作教室を開催しました。 今月の教材は「トルネーダー」(MR-9782)で、2~5年生の男女小学生が参加してくれました。
 トルネーダーは赤外線リモコンで操縦するロボットなので、使ってある技術を少し勉強。 みんなに発光ダイオードを配って、2人だけ光らないハズレ・・・と思いきや、実は人間の目には見えない光が出ていることをセンサーで確かめて、「赤外線」の存在を体験しました。 また、あらかじめ決めておいた4種類の合図を光で送って、A君とB君がそれぞれの合図の通りに動くなど、リモコンのしくみについても楽しく学べました。ためになったね~、ためになったよお!
 工作のほうもみんなうまくできて、全員一発で動きました。 そのあとは、社内にあるロボット用サッカーフィールドとおもちゃのボーリングのピンを使って、「ピン倒し」の試合をトーナメント戦をしました。 トルネーダーを開発したエンジニアが小学生に破れるなど大波乱もあって、とても盛り上がりました。

発光ダイオードを光らせながら、赤外線についてお勉強
DSC08682.JPG

工作はそんなにむずかしくなかったよ
DSC08684.JPG

トルネーダーの開発者、この試合で敗退!
DSC08705.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。