未分類

入り口から出口まで

営業のTAKAです。

先日、ある販売店様からの依頼でSP-WC01BK(ウッドコーンスピーカー)を組立ました。 実は先月の21日から価格を改定したせいもあって、スピーカーの組立依頼が殺到しております。 組み立てと言っても、難しいものではありません。

1.ボックス内に貼る吸音材を寸法通りにカットする。
2.スピーカーユニットにパッキンを貼る。
3.スピーカーユニットに配線(ラジオペンチではめ込むだけ)する。
4.ボックスにスピーカーユニットをネジ止めする。
5.スピーカーターミナルに配線してネジ止めする。

これだけの作業で出来上がります。
普段、工作に慣れてない方でも、30分から1時間くらいで完成出来ます。

出来上がった後は、エレキットの真空管CDプレーヤーと真空管アンプで鳴らしてみます。何時も聴いているお気に入りのCDをかけると、柔らかくてクリアなサウンドが飛び出して来ました。

後は自分の好みで、吸音材を貼る位置を変えたり、吸音材の量を調整することにより音の変化を楽しむことが出来ます。これで、音の入り口から出口まで全て揃ったエレキットオーディオシステムが出来上りました。

普通の既製品(完成品)には無い、自分で作ったシステムで自分だけの音作りを味わって見ませんか?

もし、ご自分で作るのが不安と言う方に朗報!
来る12月23日(火・祝)にエレキット社屋にて「真空管アンプ工作会」を催します。
エレキットのスタッフが完成まで責任持って、ご指導致します。

奮ってご参加下さい。

詳しくは「真空管アンプ工作会のお知らせ」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。