電子工作日記

ピカピカ!紙粘土で作ったパトカーを簡単に光らせよう

作った作品をLEDで光らせる!

いろんな工作をしていると、作品をLEDで光らせたいと思うことがよくあります。
ただ、本来LEDというのは扱うのが難しいものです。
電圧や電流、抵抗値の計算、はんだづけ、そもそもLEDってどこで売ってるの?などなど。

なので、かんたんにLEDを使うための電池ボックスを開発しました!
その名も

LEDを光らせるための電池ボックス

(そのままじゃん…。)
いいんです。名前が分かりやすければ売れるはず!
6月28日から出荷開始です。みなさま何卒よろしくお願いいたします。

じゃあ、どれだけカンタンなのか。普通にLEDを買ってきた時の工程と比較してみましょう。
たった3ステップで光らせることができました。
本当に、とてもカンタンです!

じゃ、実際に組み込んでみましょう。
今回使う作品は、エレキット社員の作ったパトカーです。
パトカーと言えば、赤いパトランプ。
もちろん車なので、ヘッドライトも必要ですね。

まずは完成形をご覧に入れます!

 

どうでしょう。なかなか良い感じに光ってませんか?!
実際、どういう風に配線してるのかをお見せします。

 

 

LEDを光らせるための電池ボックスには、延長ケーブルが5本付属します。
今回は5本をフルに活用して、5箇所を点灯させました。

ヘッドライトとブレーキランプは普通にテープで固定するだけですが、
パトランプはちょっと難しい。
パトカーのボディにそのまま貼り付けると、うまく光を当てられません。

そこで、LEDの足を利用します。
LEDの足は針金みたいになってるので、折り曲げることが可能!
こんな風に曲げて、テープで貼り付けてみました。

 

もう一度、どんな風に光ってるか見てみてください。

 

 

LEDは先端に向かって光るという造りになっているので、
ちゃんと上を向ければ本物のパトランプっぽくなります。

LEDを光らせるための電池ボックスは、簡単なわりに実用性がとても高い電池ボックスです。
みなさんもぜひ工作を楽しんでくださいね!

 

 

LEDシリーズの特設ページでは、他の工作例も紹介しています。
ぜひ上の画像をクリックして、ご覧ください!

[PRODUCT]AP-180[/PRODUCT]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください