未分類

ラ・フォル・ジュルネ

開発部のフヂであります。

先日、地元でハイエンドオーディオフェアが開催されたので見に行きました。ハイエンドだけあって、さすがにどれも素晴らしい音でしたが、とても普通のサラリーマンに手が出るような値段ではありません。「もし宝くじでも当たったら?」と妄想してみたところ、私の場合は「オーディオはそこそこでいいから、生演奏をたくさん聴きに行きたい」という結論に達しました。(笑)

そんなことを考えていたら、昨日(5/5)の朝のTVで、5~7日の3日間「ラ・フォル・ジュルネ」なるイベントが開催されるとのPR。なんでも「熱狂の日」という意味のフランス発祥のクラシック音楽のフェスティバルらしく、できるだけ多くの人や子供に世界の一流の演奏に触れてほしいという趣旨で、1000~2000円の料金の多数のコンサート、地元の演奏家の無料~500円コンサート、子供向けの音楽ワークショップもたくさん、朝から夜まで同時進行で催されるのです。会場は自宅の隣の市である佐賀県鳥栖市ということなので早速行ってみたら、会場周辺は家族連れや学生でごったがえして大変な盛況ぶりでした。(画像に写っている範囲の人口密度は低いですが、奥のほうは大変なものでした) 残念ながら当日券は完売、6、7日の分の前売りもお目当てのものはすべて完売でトホホでしたが、素晴らしいイベントなので来年は早めにチェックしたいと思います。

ラ・フォル・ジュルネ 鳥栖(2011-05-05)

「ラ・フォル・ジュルネ」は日本では今年は東京金沢新潟琵琶湖鳥栖で開催されたようです。鳥栖は7日まで、新潟は8日までなので、お近くの方はお出かけになってはいかがでしょうか。有料チケットが完売でも、無料プログラムは早めに行って並べば良さそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。