未分類

はじめてのGogicPlayer その2「ゴジータ誕生」

キロ子です。Gogic Playerネタ続きでごめんなさい。このイベントが終わったら、他のアイテムもキロ子目線で書き込みますね。 さてさて・・、Gogic Playerのその後です。プログラミングも大事ですが、見た目から入ってみることに方針を変更。 2007年12月19日の開発部[M]さんの記事を参考に、あれやこれやくっつけてみましたが、センスのない私には思うように着飾ってあげることは出来ません。そこで・・ふと思いつきで、LUPINの工作教室で余った毛皮っぽい布で“かつら”を作ってみました。 作り方は簡単。Gogic Playerは[鉄]で出来ているので、カットできるマグネットシートを布の裏に両面テープで貼り付ければ、あっという間に脱着可能な渋谷系(?)ヘアの完成です。 茶髪を立たせると・・、うーん、何かに似てるぞ・・???ドラゴンポールのスーパーサイヤ人だ!3頭身っぽいからベジータかっ!? 

1.jpg  2.jpg

ということで、スーパーサイヤ人(ロボ)「ゴジータ」の誕生です。 ※サイヤ人やベジータが何か?については、 “ドラゴンポールZ”“ドラゴンポールGT”で検索して調べてみてね。 イベントでは卓上ロボット相撲をさせる予定なので、今から頑張って「左右パンチ」「すくい投げ」などのワザを仕込まなくてはなりません。 果たしてゴジータは強いロボになれるのか?キロ子は新しいワザをプログラムできるのか? 続きは次週のお楽しみ・・。 キロ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。