未分類

迷子の時間

こんにちは。開発「M」です。

 101214日に東京方面への出張をしておりました。パシフィコ横浜で開催されたRobo Japan2008と慶應義塾大学で行われたワークショップコレクションが目的だったのですが、今回はそのイベントの話でなく、宿泊したホテルに関連した話です。

 宿泊に利用したホテルは、山手線のとある駅から歩いて約10分のはずだったのですが・・・やってしまいました。道に迷ってしまいました。30分くらい歩き続けてもホテルの影も形もみつからず、ついには自分の位置を見失い、いわゆる「迷子」になり果ててしまいました。

 出張の前にホテルの場所をネット上の地図サービスを利用して確認していたのですが、「大きな道沿いで、2回くらい曲がればいいんだな。」という具合に、雑にしか覚えてなかったことが災いしました。

 迷子になっている間に考えましたね。「私の仕事もになっている部分があるかもしれない。それが原因で遠回りしていることがあるのではないか。」「事前の確認とは、雰囲気を知ることでなくて、無事に達成(到着?)できるように準備しなければ。」などなど、自分の仕事の甘さを深く反省する良い時間になりました。

 ちなみに、結局、犬の散歩をされていた夫婦の方に道を聞いたところ、たまたまそのホテルをご存じで、「まだ随分距離がありますよ。」と言いつつも分かりやすく教えてくださり、今度は無事ホテルへ到着することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。