製品レビュー

なつかしのエレキットシリーズvol. 1 「おしゃべりラーメンタイマ YB-2502」

新商品のネタはないかと社内で探し物をしていると、こんなものを見つけました。「おしゃべりラーメンタイマ」です。

ek_raamen

 

これはELEKITがELEHOBBYと名乗っていた数十年前に販売していた製品です。以前はこんなにたくさんの音声を発生するキットやシンプルな回路を体験するキットがありました。

ek_case_allview

 

話は戻ってラーメンタイマです。中身はこんな感じです。

ek_raamen_parts

 

今のELEKITと同じく、電子部品をはんだづけして組み立てるキットの姿です。このタイマーはお知らせする部分が音声です。なんと、時間が来ると「食べごろヨ」としゃべってお知らせしてくれます。これがおしゃべりの心臓部のROMです。

ek_raamen_rom

 

実際に喋る声を聞いたことがないのですが、パッケージのイラスト通りなら素敵なアニボイスであることは間違いないと思います。是非聞いてみたいものです。

ek_raamen_package

 

おしゃべりするキットのシリーズは黄色いケースに入れられています。おしゃべりしないシリーズというか、ふつうの回路や機能のキットは青色のケースに入れられていて、ブルーケースという名前で親しんでいただいていました。自分で色々拡張できるように、ケースには加工用のガイドが入れられていて、自身のアイデアを形にする手助けとなっています。

ek_case_kakudai

 

いろんな使い方をされて、いろんなところでしゃべっていたのでしょうか。
最近は高機能化が著しく、あれこれ設定できる機能満載のものが多いですが、シンプルな回路でシンプルな動作の方がアイデア実現には使いやすいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。